アイネスフウジン(ウマ娘)

アイネスフウジンはウマ娘っていうゲームに登場するキャラクターで、モデルになったのは実際の競走馬アイネスフウジン号なんだ! アイネスフウジン号は1990年の日本ダービーで走り、19万人以上の観客が集まるっていう当時の記録を打ち立てたんだよ。そして、レースレコードで優勝したんだ。そのレースの瞬間に「ナカノコール」という中野栄治騎手への声援が行われたことでも有名なんだよ アイネスフウジン(ウマ娘)とは ウマ娘プリティーダービーというゲームに登場するキャラクターで、モデルとなったのは競走馬のアイネスフウジン号です。 アイネスフウジン号は1990年の日本ダービーで、19万人以上の観客が集まるという当時の記録を打ち立て、レースレコードで勝利を収めたことで知られています。 また、そのレースの勝利の瞬間、「ナカノコール」という中野栄治騎手への声援が行われたことでさらに有名になりました。 概要 アイネスフウジン(ウマ娘)は、常にサンバイザーをかぶり、そばかすが鼻先にあるという特徴を持つキャラクターです。 口癖は「はろはろー」や「よろよろー」で、口調も「◯◯なの」といった独特なものです。 友達からは「アイネス」と呼ばれており、両親やバイト先のオーナーからは「フー」「フーちゃん」と呼ばれています。 彼女はレースが大好きで、一方で裕福ではない一般家庭で育った苦学生でもあります。 トレーニングや勉強の合間にアルバイトをし、家計を助けています。 しかし、彼女はトレーニング・勉強とバイトの両立を苦にすることはなく、何事にも全力で取り組み、前向きで明るい毎日を過ごしています。 レーススケジュールによってバイトのシフトが頻繁に変わるため、彼女はコンビニやラーメン屋、ポスティングの仕事をこなし、余った時間は単発のバイトをして稼いでいます。 そのため、休日には彼女をたくさんの場所で見かけることができるでしょう。 彼女の実家は5人家族で、彼女は長女です。 家族には年の離れた双子の妹のスーちゃんとルーちゃんがいます。 彼女自身は、働く父親と体の弱い母親の代わりに、家事全般や妹たちの世話をすることが彼女の大切な仕事です。 自分の夢を追いかけるために高校へ進学することにしたアイネス 「お姉ちゃん」として家族の責任を感じていたアイネスは、中学校時代は一般の学校に通うことにしました。 ...